読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A I R W A V E S

日常のあれやこれ。

戌の日

5ヶ月目に入ると戌の日に安産祈願をするのですが

実は私たち両親がそれぞれ祈願に行ってくれて
義母に関しては腹帯やお守りなどを
私たちの代わりに
受け取ってくれて
後日宅配をしてくれていたのです

が、神様にお願いするのに当の本人達が行かないと駄目だよね。
という事で、両親とは別に私たちも神社へ祈願をしに行きました!!
他力本願過ぎるのも駄目だろうし(笑)。

 

向かった場所は、天神さんの名前で親しまれている上宮天満宮
駅から近いとはいえ、小高い山にあるので車orタクシーが必要かなぁ~と。
歩いてでも登れますが、階段も急で大変かも!
私たちが行ったのは日曜日だったので、事前予約無しで社務所へ行き
戌の日の祈願手続きをしてくださいました!
※平日は事前に予約をしてから社務所へ行って下さい。

私たちの他に、お宮参りで来ていた方も大勢いるたので
意外と余裕を持って神社へ行ったほうがいいのかな~という印象を受けました。

 

手続きは、質問票を渡され個人情報(祝詞の際に読み上げてくれます)、
出産予定日を記入し、玉串料を渡す他、
持参した腹帯を受付の人に渡すのですが、私たちが持参した腹帯には

既にお義母さんが他の神社で
いただいて下さったもの!

ばっちり神社の名前などが書かれているものだったので、
受付の人に事情を話したら、書いてくれるか宮司さん(禰宜さん?)に
尋ねてみるねと言って奥へ消えていきました(笑)。
もちろん承諾してくださったので、無事にいただけました(笑)。

祝詞を読み上げてくださった宮司さんのリズム(?)が私的にツボで、
何度も吹き出しそうになりましたが、神様に玉串を奉げ、お下がりを頂き、
絵馬に願いを書いて、無事に私たちの戌の日の祈願が終わりました。

さて、お下がりの中にはお守りと置物とが入っておりましたので
我が家の玄関に飾ってみました。

f:id:airxxxwaves:20170327094939j:plain

左がお義母さんからいただいた安産祈願の猿の置物。
右が私たちが祈願に行った神社でいただいた犬の置物。

 

お気付きでしょうか・・・。

 

犬猿の仲という諺があるとおり
仲が悪い動物同士を並べて置いてみたのです・・・。


しかし、どちらとも多産・安産の動物と昔から言われているもの・・・。

えぇい!ハイブリッドな子どもに育ったらいいや!!!!

と一緒に飾ってみました(笑)。
どちらもお産には縁起物だし、いいかなぁ~なんて。
(飾ってから犬と猿という事に気付いたのは伏せておこう。)