読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A I R W A V E S

日常のあれやこれ。

優先座席とそこにあるマークについて

このどちらも、存在するようで存在しない、幻かと思うほど
優先座席を必要としている人が近くで立っていても
俯いて、寝た振りして、おしゃべりに花を咲かせている人が沢山居る。
そりゃね、疲れてるんだもん座りたいよね。って私も分かってます。

しかし、中には気付いて「どうぞ、すぐですから」と席を譲る人がいて
(私の経験上、特にサラリーマン(中年くらいの方)、男子高校生や大学生、30~40代くらいのOLさん)
皆さん疲れ果ててるのに本当にありがとうと前者の言葉は言わないけれど
心から感謝を言葉に表して席を譲ってもらったりしてもらいます。

しかし、先に書いたとおり現実はこうです。
別に座るなとは言いませんが、優先座席の窓や座席に描かれているマークの
状況と同じ方を目の前にしてるのに、一言も声を掛けないのもなぁって思う。
私ももちろん、妊婦じゃなかった時に優先座席以外でも譲っていた経験があるから
そう思っちゃうのかなって感じますが、

 

何なら、優先座席とか
そんなの設けない方針に

昔みたいに戻しちゃえば
いいんじゃないか。

 

って密かに思います。
だって、昔はそんなの無くてもお互いに気を遣って譲り合ってた
そんな記憶しかなく、皆優しかったように感じました。

そう言えば、いつから優先座席って設けられるようになったのかな?
今じゃ当たり前すぎて覚えてないなぁ・・・・。

マークを付けている人や描かれているマークにある人が
大変横柄な態度で我が者顔になりすぎているから、そうなってるのかな。
皆もそうだし、ま、いっかってなっているかもしれない。
当たり前すぎる状況だから、面倒くさくなってるのかな。

 

因みに。

私もマタニティーマークを貰ってからずっと付けてます。
これは、優先座席を譲って欲しいからという理由でも、
妊婦だぜ、ちゃんと周りがカバーしろよ。的な理由でもありません。

万が一、公共の場でぶっ倒れて静止に関する状況下に晒された時、
母子手帳を見せなくても、それを見て「妊婦だな」と分かって貰える
優れものだと思っているからです。